Home > 製品案内 > エポキシ樹脂硬化剤

エポキシ樹脂硬化剤

基本グレード

グレード 販売規格 添加量
(1)
(phr)
可使時間(2)
100gr/23℃
(分)
標準硬化
条件
HDT(3)
(℃)
特性/用途
色相
(ガードナー)
粘度
(mPa.s/25℃)
アミン価
(KOHmg/g)
ST11 5以下 4,500〜9,000 325〜360 60 78 (4) 64 ST12の可撓性向上
ST12 5以下 1,650〜3,300 345〜385 50 69 (4) 75 強靭性/電気、土木、塗料、接着
ST14 400以下(5) 1,000〜4,500(6) 415〜455 50 85 (4) 100 強靭性、耐熱性、耐候性、高粘度
ST15 200以下(5) 500〜4,500 535〜465 30 48 (4) 120 耐熱性、強靭性/電気、土木、塗料、接着
ページの先頭へ

低粘度グレード

グレード 販売規格 添加量
(1)
(phr)
可使時間(2)
100gr/23℃
(分)
標準硬化
条件
HDT(3)
(℃)
特性/用途
色相
(ガードナー)
粘度
(mPa.s/25℃)
アミン価
(KOHmg/g)
LV11 5以下 90〜180 515〜575 33 119 (4) 98 耐熱性/注型、ライニング、グラウト 劇物
ページの先頭へ

遅硬化グレード

グレード 販売規格 添加量
(1)
(phr)
可使時間(2)
100gr/23℃
(分)
標準硬化
条件
HDT(3)
(℃)
特性/用途
色相
(ガードナー)
粘度
(mPa.s/25℃)
アミン価
(KOHmg/g)
3080 2以下 950〜1,350 310〜340 50 300/50(7) (4) 75 低発熱、耐熱性/遅延剤、床材
YN100 12以下 230〜290 310〜370 45 500(8) (9) 71 低発熱、耐水性/遅延剤、ライニング
3019 2以下 4,400〜7,600 235〜265 65 300 (4) 55 硬化遅延剤/注型
ページの先頭へ

速硬化グレード

グレード 販売規格 添加量
(1)
(phr)
可使時間(2)
100gr/23℃
(分)
標準硬化
条件
HDT(3)
(℃)
特性/用途
色相
(ガードナー)
粘度
(mPa.s/25℃)
アミン価
(KOHmg/g)
RC14 5以下 300〜600 300〜340 50 17 (4) - 高強度/接着、床材、パテ 低粘度型
3549 2以下 300〜900 404〜424 40 7(11) (4) 58 低粘度、超速硬化性/湿潤面接着 劇物
ページの先頭へ

備考

 (1) jER 828(エポキシ当量約190) 100重量部に対する配合量
 (2) 主剤:jER 828を使用
 (3) 硬化条件:標準硬化条件にて硬化
 (4) 23℃/7daysまたは23℃/24hrs+80℃/3hrs
 (5) APHA
 (6) 測定温度50℃
 (7) 値: 左側23℃測定/右側40℃測定
 (8) 測定温度23℃
 (9) 60℃/2hrs+100℃/4hrs
 (10) 5℃3hrs
 (11) 50g/23℃
ページの先頭へ

可撓性グレード

グレード 販売規格 添加量
(1)
(phr)
可使時間(2)
100gr/23℃
(分)
標準硬化
条件
伸率(3)
(%)
特性/用途
色相
(ガードナー)
粘度
(mPa.s/25℃)
アミン価
(KOHmg/g)
FL11 5以下 50〜100 255〜285 60〜70 44 (4) 30〜70 少可撓性、夏型/ノンスリップ舗装
FL11W 5以下 20〜60 315〜355 55〜65 18 (4) 30〜130 少可撓性、冬型/ノンスリップ舗装
SA1 3以下 100以下(5) 225〜275 60〜65 360 (4) 360 低粘度、耐水性/接着、ライニング
ページの先頭へ

メルカプタングレード

グレード 販売規格 添加量
(1)
(phr)
可使時間
(2)
100gr/25℃
(分)
標準硬化
条件
特性/用途
色相
(ガードナー)
粘度
(mPa.s/25℃)
アミン価
(KOHmg/g)
QX40 200以下(8) 400〜550 125〜137(7) 70〜80 7(6) 23℃/1hr 低粘度、3級アミンとの併用必要/接着、ライニング
ページの先頭へ

溶剤グレード

グレード 販売規格 添加量
(9)
(phr)
標準硬化
条件
特性/用途
色相
(ガードナー)
粘度
(mPa.s/25℃)
アミン価
(KOHmg/g)
不揮発分
(%)
SL11 5以下 900〜1,800 100〜130 53〜63 70 23℃/1日 密着性、低粘度/塗料、プライマー
ページの先頭へ

備考

 (1) jER 828(エポキシ当量約190) 100重量部に対する配合量
 (2) 主剤:jER 828を使用
 (3) 硬化条件:標準硬化条件にて硬化
 (4) 23℃/7daysまたは23℃/24hrs+80℃/3hrs
 (5) 測定温度20℃
 (6) 併用するアミンの種類、量により異なる
 (7) メルカプタン当量(g/eq)
 (8) APHA
 (9) jER 1001X75(固形分エポキシ当量約475)100重量部に対する配合量
ページの先頭へ

変性脂肪族アミングレード

グレード 販売規格 添加量
(1)
(phr)
可使時間(2)
100gr/23℃
(分)
標準硬化
条件
HDT(3)
(℃)
特性/用途
色相
(ガードナー)
粘度
(mPa.s/25℃)
アミン価
(KOHmg/g)
T 8以下 200〜500 26〜29(5) 20 15〜20 (4) 90 低粘度、速硬化性/積層、注型、劇物
TO184 100以下(6) 300〜500 1,000〜1,150 18 20〜25 (4) 90 低粘度/治工具、積層、注型、接着、劇物
U 8以下 6,000〜1,2000 17〜22(5) 25 15〜20 (4) 120 速硬化性/積層、接着、劇物


グレード 販売規格 添加量
(1)
(phr)
可使時間(2)
100gr/23℃
(分)
標準硬化
条件
HDT(3)
(℃)
特性/用途
色相
(ガードナー)
粘度
(mPa.s/25℃)
アミン価
(KOHmg/g)
3012PF 10以下 500〜1,000 375〜415 50 17 (4) - 低温・湿潤面硬化性/床、ライニング 劇物
3050 2以下 95〜145 460〜510 40 25 (4) 60 低粘度/ライニング 劇物
XD580 4以下 250〜390 400〜440 40 20 (4) - 湿潤面硬化性/床、ライニング 劇物
ページの先頭へ

(3級アミン)硬化促進剤

グレード 販売規格 添加量
(1)
(phr)
可使時間(2)
100gr/23℃
(分)
標準硬化
条件
HDT(3)
(℃)
特性/用途
色相
(ガードナー)
粘度
(mPa.s/25℃)
アミン価
(KOHmg/g)
3010 8以下 140〜270 590〜650 - - - - トリスジメチルアミノメチルフェノール
ページの先頭へ

備考

 (1) jER 828(エポキシ当量約190) 100重量部に対する配合量
 (2) 主剤:jER 828を使用
 (3) 硬化条件:標準硬化条件にて硬化
 (4) 23℃/7daysまたは23℃/24hrs+80℃/3hrs
 (5) 窒素含有量(%)
 (6) APHA
ページの先頭へ

変性脂環族アミングレード

グレード 販売規格 添加量
(1)
(phr)
可使時間(2)
100gr/23℃
(分)
標準硬化
条件
HDT(3)
(℃)
特性/用途
色相
(ガードナー)
粘度
(mPa.s/25℃)
アミン価
(KOHmg/g)
113 1(4) 125(4) 97.0〜99.9 32 300 (5) 152 低粘度、耐熱性、耐候性/注型、積層
ページの先頭へ

変性芳香族アミングレード

グレード 販売規格 添加量
(1)
(phr)
可使時間(2)
100gr/23℃
(分)
標準硬化
条件
HDT(3)
(℃)
特性/用途
色相
(ガードナー)
粘度
(mPa.s/25℃)
アミン価
(KOHmg/g)
WA 無色または黄色 165(4) 623〜639 25 900〜1,200 (8) 160 耐熱性、低粘度、低毒性/積層、注型
ページの先頭へ

ケティミングレード(常温潜在性)

グレード 販売規格 添加量
(1)
(phr)
可使時間(2)
100gr/23℃
(時間)
標準硬化
条件
HDT(3)
(℃)
特性/用途
色相
(ガードナー)
粘度
(mPa.s/25℃)
アミン価
(KOHmg/g)
H3 10以下 100〜500 9.0〜11.5(6) 54 4 23℃/7日 - 耐アミンブラッシュ性/ハイソリッド塗料
H30 12以下 150〜600 265〜305 54 24 23℃/7日 - H3の長可使時間タイプ
ページの先頭へ

イミダゾールグレード(硬化剤または硬化促進剤)

グレード 販売規格 可使時間(3)
(時間)
化学名
色相
(ガードナー)
粘度
(mPa.s/25℃)
アミン価
(KOHmg/g)
純度(2)
(%)
水分
(%)
融点
(℃)
IBMI12 3(4) 4〜12 395〜415 98以上 0.5以下 -20℃以下(4) 23 1-イソブチル-2-メチルイミダゾール
P200H50 - 350〜550 80〜85 49〜51(13) 0.5以下 - - 溶剤含有アダクトタイプ
ページの先頭へ

備考

 (1) jER 828(エポキシ当量約190) 100重量部に対する配合量
 (2) 主剤:jER 828を使用
 (3) 硬化条件:標準硬化条件にて硬化
 (4) 代表値
 (5) 80℃/1hr+150℃/3hrs
 (6) 窒素含有量(%)
 (7) 23℃/3〜4日または0℃/7〜10日
 (8) 100℃/2hrs+175℃/4hrs
 (9) ガスクロマトグラフィ−法
(10) 初期粘度の3倍までの時間 測定条件:200g/23℃
(11) 結晶化の可能性有り
(12) アルカリ度(meq/g)
(13) 不揮発分
ページの先頭へ

酸無水物グレード

グレード 販売規格 添加量
(1)(phr)
可使時間(2)
100gr/20℃
(時間)
標準硬化
条件
HDT(3)
(℃)
特性/用途
色相
(ガードナー)
粘度
(mPa.s/25℃)
中和当量
(g/eq)
YH306 6以下 95〜145 114〜120 120(9) 15 (4) 130 耐水性/注型、積層
YH307 7以下 180〜220 113〜121 110(10) 20 (5) 162 耐水性、耐熱性/注型、積層
ページの先頭へ

粉体グレード フェノール類

グレード 性状 外観 軟化点(8)
(℃)
標準硬化
条件
特性/用途
粘度(7) フェノール性OH
(meq/g)
170 N〜Q 2.5〜3.5 白色粉末 90(6) 150℃/15min. 速硬化、可撓性/粉体塗料
イミダゾール類・3級アミン類等の併用必要
171N G〜K 4.0〜5.0 白色粉末 80(6) 150℃/15min. 速硬化、可撓性/粉体塗料
イミダゾール類・3級アミン類等の併用必要
ページの先頭へ

粉体グレード ジシアンジアミド微粉砕品

グレード 50%粒径
(µm) (6)
最大粒径
(µm) (6)
ブロッキング
防止剤(%)
硬化触媒 添加量(1)
(phr)
標準硬化
条件
用途
DICY7 3 25 0.5 3〜6 160℃/1〜2hrs 粉体塗料、FRP、接着
DICY15 4 30 0.5 3〜6 160℃/1〜2hrs 粉体塗料、FRP、接着
DICY50 30〜60 375 0.5 3〜6 160℃/1〜2hrs 粉体塗料、FRP、接着
ページの先頭へ

備考

 (1) jER 828(エポキシ当量約190) 100重量部に対する配合量
 (2) 主剤:jER 828を使用
 (3) 硬化条件:標準硬化条件にて硬化
 (4) 80℃/3hrs+120℃/6hrs
 (5) 80℃/3hrs+150℃/6hrs
 (6) 代表値
 (7) 40%ブチルジオキシトール溶液でのガードナーホルト法
 (8) 環球法
 (9) 促進剤として2-エチル-4-メチル-イミダゾールを1重量部添加
 (10) 促進剤としてjERキュアIBMI12を1重量部添加
ページの先頭へ