Home > 製品案内 > 水系エポキシ樹脂・硬化剤

水系エポキシ樹脂・硬化剤

水系エポキシ樹脂および水系エポキシ樹脂用硬化剤があり、次のような特徴があります。

水系エポキシ樹脂

  • 高度な乳化技術による高品質化
  • 硬化剤の選択幅が広い(非イオン系乳化剤)
  • 安定性の良い高品質水系エポキシ樹脂

jERシリーズ

グレード ベース樹脂 販売規格 特性・用途
固形分(%) 粘度(25℃)
(cP)
エポキシ当量(1) 色相
(ガードナー)
W2801 液状BPA型 - 8,000〜12,000 190〜205 2max 現場乳化型/接着剤
W2821R70 828 68〜72 700(2) 220〜240 - 高接着性/ポリマーセメント
W3435R67 834 66〜68 1,500(2) 250〜300 - 耐水性、貯蔵安定性/プライマー
W8735R70 807 68〜72 <5,000 190〜210 - BPF型/プライマー、接着剤
W1155R55 1001 55(2) 500(2) 560(2) - 密着性/プライマー、塗料
ページの先頭へ

水系エポキシ樹脂硬化剤

  • 水系エポキシ樹脂に適合した特殊変性硬化剤

jERキュアシリーズ

グレード 種類 販売規格 特性・用途
固形分(%) 粘度(25℃)
(ガードナーホルト)
アミン価
(固形ベース)
(KOHmg/g)
色相
(ガードナー)
WD11M60 変性ポリアミドアミン 60 Z〜Z3 65〜85 10max 高光沢、希釈性/塗料

ページの先頭へ

備考

 (1) 固形分のエポキシ当量
 (2) 代表値
ページの先頭へ